読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知無恥大学生ヨシモトの備忘録

※内容はフィクションです。

草間彌生

 

 ポケモンは楽しいけど、技が外れる瞬間、あれだけは未だに許せない。小学生の頃から心の狭さは変わらないでおなじみ、ヨシモトです。

 

 最近、草間彌生展の車内広告をよく見かけますね。

 高校二年生の頃、授業で油画を描いていました。慣れない筆で、私がキャンパスにペタペタとやっている最中、美術の先生が「貴方は草間彌生とか好きそうよね」と、草間彌生の作品が載っている美術作品集を見せてくれました。

 私はその時、確かに、彼女のサイケデリックな色遣いに、魅了されました。しかし、今その感覚を思い出そうとしても、思い出せないのです。息を呑み、見つめた、あの感覚が、蘇ってこないのです。

 赤と白の水玉が、頭の中にはっきりと浮かび、弾けるでもなくじわじわと消えていくのは、ギュッと数秒瞼を閉じ、再び開けた時、光が僅かな痛みを伴って戻ってくる、それと似ている。あの感覚だけは、蘇ってくるというのに。

 

 草間彌生展、行こうかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高校生に戻りてぇ〜〜〜〜〜〜