読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知無恥大学生ヨシモトの備忘録

※内容はフィクションです。

シン・ゴジラ

 

 ゴジラ素人の私ですが、周囲の熱烈なプッシュもあり、先日『シン・ゴジラ』を観てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高橋一生かっこよすぎるんじゃ〜〜〜〜〜〜

 

 

 うーん。なんと言えばいいんでしょうか、「見終わった後の満足感」よりも「見てる最中の興奮」が勝る映画、と言えば良いのでしょうか。最初から最後まで目の離すことができないという、言わば「映画のあるべき姿」だったように思えます。

 そしてなにより、ついつい見ている最中に考えを張り巡らせてしまう。

 たとえば、映画の序盤、ゴジラのCGに若干違和感があったのは、国の要人達がゴジラの出現に対して現実感を抱いていないことを暗に示しているのだろうか?とか、映画の終盤、長谷川博己が来ている防護服の裏に「AZEARTH」と書かれていたのは「あざーす」、つまり「ここで私の描きたいものは終わりですよ」というメッセージだったのか?とか……

 しかも、「ゴジラ」そのもの、及び「ゴジラの脅威」より、「ゴジラの出現の対応に奔走する人間」にフォーカスした作品っていうのもまた面白いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、ここまでプッシュされる程のものかなー……とか思ったり……