読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無知無恥大学生ヨシモトの備忘録

※内容はフィクションです。

ZETTAI

 

 人の相談に乗ると、今まで見えてこなかったものが見えてきたりしますよね。どうもヨシモトです。

 

 人間の感情とは何なのでしょうか。行動におこして初めて感情は具現化されたものとして、目で確認できるわけで。そんな不確実なものに、人間は何年も何十年も何百年も踊らされてきたわけで。

 

  人間関係っていうものは「友人」だの「恋人」だの、はたまた「知り合い」だの、いわばカテゴリで語られる傾向にある中で、そのカテゴリ自体は主観でしかないですよね。つまりそれは、ある種の希望的観測、もしくは悲観的観測に基づいた不確実なもの。

 

 世の中にある確実なものって何なんでしょうね。

 科学だって、人間が「世界を説明できるように」作り上げたものであって、初めからそこに存在していたわけではありません。かつて科学の対抗馬であった魔術(これは私のイメージですが)が廃れたのは、世界を説明しきれなくなったからであり、科学だって世界を説明しきれなくなれば捨てられ、新たなものさし、メガネ、フィルターが現れて終わりです。(それが「宗教」であれば非常に面白いと思うのですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなことを考えている暇があるなら、夏季休業中の課題をやれ……?ウッアタマガ