無知無恥大学生ヨシモトの備忘録

※内容はフィクションです。

ZETTAI

 

 人の相談に乗ると、今まで見えてこなかったものが見えてきたりしますよね。どうもヨシモトです。

 

 人間の感情とは何なのでしょうか。行動におこして初めて感情は具現化されたものとして、目で確認できるわけで。そんな不確実なものに、人間は何年も何十年も何百年も踊らされてきたわけで。

 

  人間関係っていうものは「友人」だの「恋人」だの、はたまた「知り合い」だの、いわばカテゴリで語られる傾向にある中で、そのカテゴリ自体は主観でしかないですよね。つまりそれは、ある種の希望的観測、もしくは悲観的観測に基づいた不確実なもの。

 

 世の中にある確実なものって何なんでしょうね。

 科学だって、人間が「世界を説明できるように」作り上げたものであって、初めからそこに存在していたわけではありません。かつて科学の対抗馬であった魔術(これは私のイメージですが)が廃れたのは、世界を説明しきれなくなったからであり、科学だって世界を説明しきれなくなれば捨てられ、新たなものさし、メガネ、フィルターが現れて終わりです。(それが「宗教」であれば非常に面白いと思うのですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんなことを考えている暇があるなら、夏季休業中の課題をやれ……?ウッアタマガ

 

 

バイト バイト バイト

 

 ※ゆとり教育が生んだクソザコマンの戯言なので、甘えた発言が散見されますが、ここはあたたかい目で。ひとつ、よろしく。

 

 

 芋大学生のくせにザギンでイタリアンのバイトをしている私ですが、九月末にやめさせていただくことになりました。

 うちの店には、バイト用の交換ノートがあるのですが、そこに僕と同時期に入った人が「この店はベテランが新入りから仕事を奪い、新入りが全く育たない」といった趣旨の書き込みをしており、ソリ過ぎてソリになってしまいました。

もちろん、辞めさせていただく理由はこれだけではありません。6時間半労働で休憩が10分未満であること、銀座のディナータイムなのに時給が研修給から変わらず1000円ポッキリであること(もしかして:僕が無能なだけ)、いい時間帯を奪われてしまうため学業との両立が難しいこと……などなど。(店長に伝えた辞める理由は「学業との両立」ですが)

 

 これでは、「じゃあなんで始めたんだよ?」と問われても何も言い返せませんね。始めたのには止むに止まれぬ事情があったのです……ご容赦ください。

 

 かつて、友人から「お前は引くほどバイト運がない」と言われたことがあります。私はここで働き始める前、塾講師をしていました。しかし授業が1コマ目と4コマ目のみ、など束縛時間に対する給料が必然的に少なくなってしまい、そのくせに時間外労働は多い……。いやはや、ファッキンジャップイエローモンキー!!!!と言いながら中指を立てたくなりますよね。

 そんな私が飲食のバイトを辞めて始めるのが……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そう、塾講師です。

 

 頭おかしいんですかね? 懲りるということを知らないんですかね?

 本人いわく「どうせブラックなら金もらえるブラックがいい!!」とのことですよ。あーあ。

 ヨシモト少年に幸あれ。

君の名は。

 

 タイトルの下に書いてある、your name.がなかなかじわると噂の、新海誠監督最新作『君の名は。』を見てきました。

 

 ほんのりネタバレ含みます。

 

 ……いや、いいですね。よかったです。

 新海 誠監督、と聞いて、『秒速5センチメートル』が脳裏をマッハ3くらいのスピードでよぎるのは僕だけではないと思うのですが、今作には秒速5センチメートル的後味の悪さがありませんでした(秒速5センチメートル秒速5センチメートルで好きですし、むしろ人間の心の動きをきちんと捉えているのはあちらだと思うのですが)。なので、秒速5センチメートル神!ラブ!他はファ●ク!みたいな人にはお勧めできません。

 

 粗すぎる粗筋ですが、この映画は、糸守町の名家宮水家の長女三葉と、東京でバイトや淡い恋に追われる日々を過ごす少年瀧の、時間を超越した壮大な恋愛譚です。

 こうして文字にしてしまえば、非常に陳腐でありきたりなものになってしまいますが、一度は観てみるべきかと。RAD信者ではありませんが、RADWIMPSの楽曲も映画にマッチしていると思いましたし、何よりアニメ映画だからこそできたことが多かったように思えます。細やかな表現を濃縮できる「アニメ」という手法があってこそ、彗星の殺人的な美しさが実現されたのでしょうし、時間遡行の表現も然りです。

 ただ、三葉と瀧がお互いに惹かれ合うまでの過程はもう少し丁寧に描写してほしかったです……かね。あと瀧の家庭事情が描写されなかったのは、三葉の家庭の特異性を引き立てるためだったのでしょうか。

 また、今作において、結び、というフレーズがあらゆるものの象徴として用いられていました。時間、縁、記憶……三年の月日を超えて、三葉と瀧は「結び」つくのです。

 

  今まで戯言をつらつらと述べてきましたが、ここから戯言の戯言度合いが増します。ご容赦ご容赦〜〜〜

君の名は。』において、三葉と瀧は、時空を超えた魂と魂の接触をします。

 では果たして、魂は時空を超えられるのでしょうか? 物体は時空を超えられません。瞬間移動はヤードラット星人に教わるしかありませんし、時間を超えられるのは原田知世黒島結菜くらいのはずです。

 

 しかし、ある時人は時空を超えられます。それは「考える」時です。何かを考える時、私たちはいつか、何処かへと思いを馳せます。この時、私たちの意識は確かに、時間の一方通行に抗っているのです。

 では、「魂」と「意識」は同一の能力を持っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 知らねえよ!!!!!!!

 

 

そんなことを考えさせられる映画『君の名は。』(your name.)、ぜひ皆さんも金曜ロードショーを待つことなくご覧になってください。

 

f:id:chainsaw828:20160827010317j:image

 

合宿備忘録

 

 大学一年生の夏と言えば?

 

 そうです、合宿です。合宿が終わりました。

 私は早稲田大学アナウンス研究会(のヒエラルキー最下層)に所属しているのですが、恥ずかしながら、わたくし人生初の合宿でした。高校時代はディベート同好会と文芸部でワイワイキャッキャしており(ラインナップの時点で既に陰キャ感が凄いですが)、合宿とは縁遠い活動をエンジョイしておりました。高校時代の部活についてはまたいつか。

 

 四泊五日の合宿は、長くて短いものでした。高校時代、運動部にいた輩の絆が深まりやすかった理由が、少しわかってしまった気がします。同じ屋根の下で過ごす、というのはやはり違いますね。……決していやらしい意味ではありませんよ?

 ディベート同好会時代は、何故か同期が一人しかいなかったためいわゆる「同期仲」はよかったのですが、もしわらわらと同期が雲霞の如くいた場合、唯一の同期であった彼とあそこまで仲が良くなっていたかはわかりません。

 

 話が逸れてしまいました。

 合宿では、様々な活動を楽しみました。深夜の裏方講習であったり、アナウンスの基礎練習であったり、一年生男子の演芸大会(公開処刑)であったり……。

 

 それらの中でも、特に印象に残っているのは大コンパですかね。

 大コンパ。魅惑の響きです。これを聞いたらきっと「お? こいつなんかうまいことやったんか?」などと誤解されるかもしれませんが、「印象に残った」としか言ってませんからね?

 華の十八歳。華の十八歳の合宿最終日、大コンパ。陰キャが見たら酒を飲まずとも嘔吐が止まらなくなりそうな、怒涛のキラキラワードラッシュ。

 そんな私にとって初めての合宿の大コンパ。22:00~5:00という頭のおかしいタイムスケジュールでしたが、その時間の七割近くが、酔いつぶれた先輩たちの介抱に溶けました。残りの三割は何か、と言いますともちろん公開処刑、もとい演芸大会です。一年男子として、バナナマンのコントに少し内輪ネタを入れ、絶妙な満点中笑いをもぎ取って帰ってきました。

 演芸が終わり、介抱をし、その間にグループが出来上がり、根無し草となった私は、特にやることもなくなり4:00に就寝。そうです、先ほどの三割には就寝中の一時間が含まれていますよ?

 「承認欲求」の「し」の字も満たされない代わりに、「死にたい」の「し」の字はおろか、「に」「た」「い」全てが満たされた、そんな大コンパでした。

 

 

 と毒づいてみたはいいものの、なんだかんだ四泊五日死ぬほど楽しかったので、企画してくださった先輩方にも、演芸に協力してくれた同期にも、そしてこの合宿中にかまってくれた全ての人にも、感謝の念しかありません。

 残りの夏休み、何を希望として過ごせばいいものか。

 

 (掲載画像は集合写真なのですが、そもそもアナ研の公式ツイッターが会員に無断で載せていたということは、載せていいはずだ!という独断のもと転載させていただきます。一年男子は例に漏れずみな顔の大きさがゴマ粒くらいになっているので、小顔効果万歳ということで一つよろしく)

f:id:chainsaw828:20160825162240j:plain

140字という枷

 

140字という枷がもどかしくて。

 

どうも、140字制限という「枷」がもどかしくてブログを開設しました、ヨシモトという者です。

読書の感想であったり考え事であったりを、週に何度か文字化するくらいのことを、きっと飽きるまで続けます。

そうこうしている間に、ほら見て140字。いい夢を